« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

[映画]私の頭の中の消しゴム

別館ブログでも触れたんですが、映画ネタなのでこっちでも触れたいと思います。
あっちでただれた妄想を垂れ流してるので、そのまま貼れないし(笑)旬なネタ(?)に触れるつもりで立ち上げてた(過去形かよ)ブログなので(笑)

先に漫画版を読んで、裏表紙に「2001年に放送された日本のドラマをもとにして制作」と書かれてたので、どのドラマだろ、絶対チェックしてたはずなのに! と思ったら、「Pure Soul~君が僕を忘れても」が基になってたんですね。
ああ、これ数回しか見てなかった! 主演は永作博美さんだったような…。
ドラマの方は重苦しかったかも知れない。
テーマが重いからね。そこに重くて暗くて鬱な展開が待ってるのはものすごくツボですが、重いテーマだけにツボな設定から外れると、おなか一杯になっちゃったなと思っちゃうのかもしれない。

で、「私の頭の中の消しゴム」の方ですが、上手く2時間でまとめてあって、すごく綺麗な純愛で良かったと思います。
ストレートにガッと来るから単純明快で分かりやすくて、普通にああいいなあと思える。
映画館で見ていたとしたら、もう1回映画館で見るかと訊かれたらそうじゃないかもしれない。
1回見れば分かる。妄想できる部分は多々あるものの、ストーリーがすごく分かりやすいので、単純に惚れると云うかハマれた。
役者がよかった。
まずヒロインが可愛くないとハマれないんですが、このヒロインがすぱっとした爽やかさで素直に可愛いです。
だんなさんも、フツーに素敵だなあと思える。
ぶっちゃけツボ!

その重いテーマの部分は「記憶が無くなる。愛してる人の記憶も消える」と云う ”おきれい" な部分だけが強調されてるんですが、恋愛映画、それも純愛映画なのでそれでもよし。
2時間の中で上手くまとめてくれてとても見やすかったです。
まあ、ベタが好きなので。

先に読んでいた漫画版がとにかく秀逸だったと映画を見て改めて思う。
うまーくまとめてるんですよ!
映画を見るとあったあった、あのシーンだ! みたいな。
イメージ崩れてないし、「あれこのシーン削られてる」というがっかり感も無く。
漫画のほうがいいとか、映画の方がいいとかじゃなくて、映画がそのまま漫画になっててすごいと思った。
その代わり、どっちかにオリジナルエピソードが入ってるとかでは無いんだけど、なんだ違うじゃんというのがなくてよかった。
やっぱさー、相手を好きで好きで、一緒にいたくてすごい好きで、みたいなそういうピュアな感情って見ていて気分がいいです。
愛してるから、相手を傷つけたくなくて離れようとするんだけど、それは相手を想うからであって、みたいな「好き」という感情は見ていても気持ちいいからかもしれない。
私はそういうのが好きです。

私の頭の中の消しゴム
私の頭の中の消しゴムイ・ジェハン チョン・ウソン ソン・イェジン

ジェネオン エンタテインメント 2006-03-10
売り上げランキング : 104

おすすめ平均 star
starうーん・・・。
star最後の記憶は・・・
starやっぱり、涙・涙

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

漫画版。

私の頭の中の消しゴム
私の頭の中の消しゴム星野 正美

小学館 2005-10-07
売り上げランキング : 159009

おすすめ平均 star
star少女漫画タッチの威力
starソーダ水のようにさわやかな作品

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

主題歌。テレビ放送ではあまり使われてなかったのが残念です。
歌詞と、このメロディに引かれました。

パラダイム(通常盤)
パラダイム(通常盤)アンダーグラフ 真戸原直人 島田昌典

フォーライフミュージックエンタテインメント 2005-12-14
売り上げランキング : 18274

おすすめ平均 star
star超最高☆☆☆神
starパラダイム、遠き日両方いい曲です☆

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

globe [NEW DEAL]

8月に発売された5曲入りのミニアルバム。
今頃ゲットして今頃レビューしてみる。

まずタイトル曲の「NEW DEAL」ですけど、しょぼい再生機器で聴いても音に圧倒される。
このアルバム全般に言えることなんだけど、これは是非いいアンプ積んでる再生機器で聴くといいと思う。

私のプレイリストでは、なぜかmaniacのdisc1と2の間に挟まってることが多いので、maniacを聴いてる途中でこのアルバムも聴いていたりするんだけど、違和感ないぐらいmaniacの流れを汲んでる感じ。
全体的になんとなくラテンのノリでアップテンポなんだけど、音は濃厚。
余り売れてた印象のないアルバムなんだけど、TMのメジャタンみたいに、こっそりと「本気っぽい?」音をぶつけて来てる感じがする。
期待しないで聴いていると、ただただ圧倒される音があるんだよ。

3曲目「Hey Say Hey Yeah!!」ヤバイ。
この曲は何メロまであるんだ? よくわからないけど、メロは淡々としてるのに、がーっと入ってくるサビにゾクゾクした。
MARCのコーラスの後に入ってくるサビ‘にも身震いした。
サビ来るぞ来るぞというゾクゾクがすごくいい。
小室のコーラスも気持ちよくはまってます。あれは楽器だからね(笑)

4曲目「ALL HOPE」すごくグロっぽく、そしてものすごくTMぽい。
もしもウツが歌ったらまた違うんだろうけど、後半の力強いピアノもTMぽさを出してるんだろうか。

全編に新目の音を乗せてきてるんだけど、後ろにちらほら懐かしい感じのシンセの音が入ってる。
懐かしい感じというか、小室だなあというか、ほんとTMっぽい。
ただ売れる音かというと、あんまり売れてなかったところを見ると違うのかもなあ。
だけど、てっちゃんやりたいことやってるんだなあ…と思う。
小室節というか、小室の音に身を任せたい人にはオススメします(笑)
ヘッドホンで大音量で頭の中を小室サウンドで満たして溺れたい(!)というなら、ぶっちゃけすごく心地いいです、このアルバム。

NEW DEAL
NEW DEALTETSUYA KOMURO MARC KEIKO

エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ 2006-08-09
売り上げランキング : 15017

おすすめ平均 star
starヘビーローテーションです。
star誰も出来ない前衛芸術
starタイトルトラックの「new deal」が一番気に入っています。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »