« [本]いま、会いにゆきます | トップページ | TM NETWORKリクエストベストアルバム第一回ランキング発表 »

[本]壊れるもの

「壊れるもの」読了。
この本は、読みやすい文体で、引きずり込まれるように一気に読める本ですね。

主人公は郊外に念願の一戸建てを買った、大手百貨店に勤める中年男性。
ごくごく普通の、ささやかな幸せの中にいた主人公の日常から始まるこの物語。
一つ歯車が狂ったと思ったら、底なしに狂ってゆく。
最初は見えないぐらい小さな染みだったモノが、いつの間にか消せないぐらい巨大な闇になってしまったというか。
主人公の転落人生を、斜に構えた著者が非常に、冷静に描写しているところも素晴らしい。
普通の日常の隣にある怖さを、非常にすました表情で不気味に書き上げていっている。
日常と隣り合わせの恐怖の方が、派手なホラーよりも怖いんだね。

主人公にとって、段々どこからが夢でどこからが現実か分からなくなる恐怖。
その夢と現実の境目の危うさ。読者さえも騙して、読者さえもこの物語の闇へ引きずり込む。そんな力強さ。

終盤の数十ページは、散りばめられた謎が螺旋状に絡み合い集約してきて、完成間近のパズルのピースが、思ったところにピタピタはまってゆくような小気味よさ。
「こう来るこう来る。来たー!!」っていう、快感と不気味さ。
読み終えたのが夜中だったので「もしかして自分の家も……?」と思われるような怖さがあったよ…。

最初は主人公が中年男性という、自分とはあまりに違う境遇で、「共感できないなあ」と思いながら読んでいたんだけど、最後は胸がバクバクしてました。
この物語の中に引きずり込まれたい人は是非。

壊れるもの
福沢 徹三

発売日 2004/07
売り上げランキング 7,114

おすすめ平均
鷲掴みにされた
リアルな恐怖が迫ってくる傑作でした

Amazonで詳しく見る4344006534

|

« [本]いま、会いにゆきます | トップページ | TM NETWORKリクエストベストアルバム第一回ランキング発表 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40847/1542731

この記事へのトラックバック一覧です: [本]壊れるもの:

« [本]いま、会いにゆきます | トップページ | TM NETWORKリクエストベストアルバム第一回ランキング発表 »