« 世界の中心で、愛をさけぶ@ドラマ#2 | トップページ | 逃亡者@ドラマ »

世界の中心で、愛をさけぶ@ドラマ#3

最近のこのブログのネタ、これだけか?(笑)
やばいやばい。
原作より泣ける。てか、映像メディアは強いなー。こういうの。
じいちゃん…。
誰かの不在を痛感するときって、居なくなってしまった後になって、ふと何気ない一瞬に湧き起こるさみしさだったりする。
そういう「失ってしまった」感じにリアリティが有るのではないかと。
ドラマで誰かが死んだ。その死ぬシーンでこれでもかって涙を強要されるより、ずっと好きな描写だ。

あと、アキ。
あんたええ子やー。
サクが遺骨持ってたときも、予想通りに「有って良かった」
ええ子やねー。
つかそこで「なに隠してんだコラァ!」って云ったら話し終わっちゃうし。違う番組になってしま…。
そしてサクは以外と抜けてる男だと云うところが密かに萌え。
山田君に萌えてるだけか?


自分のエントリーにセルフトラバしとこう。一応関連記事?
世界の中心で、愛をさけぶ@ドラマ#2

|

« 世界の中心で、愛をさけぶ@ドラマ#2 | トップページ | 逃亡者@ドラマ »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40847/986979

この記事へのトラックバック一覧です: 世界の中心で、愛をさけぶ@ドラマ#3:

» ●7/17おじいちゃんの死に泣いた泣いた、夕べの「世界の中心で愛をさけぶ」 [Kuranosuke-Cinemainformation]
世界の中心で、愛をさけぶ 泣いてしまいましたね。おじいちゃんが死んでしまって、朔ちゃんが子供の頃、自転車の練習をしてもらい、「僕がおじいちゃんをどこへでも... [続きを読む]

受信: 2004.07.17 13:58

« 世界の中心で、愛をさけぶ@ドラマ#2 | トップページ | 逃亡者@ドラマ »